落合さんは凄かった
こないだkumanekoyさんのニッキに旨そうなルッコラとトマトと海老のパスタが載ってて、「食べたいー 食べたいー」となったの。
よくよく記事を拝見すると落合監督シェフの本に載ってるレシピとの事。
えー無い。私落合夫人シェフの本持ってない。
なので梅田で立ち読みしてきました。買え!という話でしたがその時すでにブーツやら服やら買ってて荷物の重さに負けたの。ズン負けた。
Kumanekoyさんのとこに乗ってた本は無かったんだけど、違う落合息子シェフ本があって、パラパラみてたら「牡蠣とルッコラクレソン(間違えた・・)のパスタ」っていうの発見。
それが凄い凄いストライク。ボーリング好きなんだよね、落合家。

そのページを何度も何度も読み返し、軽くブツブツ呟きながらレシピを忘れないうちにスタコラサッサ(昭和)と帰宅しました。
そうなったら久々にアルコール摂取したくなって(三日ぶり)、このパスタには白なのかな~と思いつつ。
でもさくちゃんに教えてもらってお取り寄せした赤のスパークリングがどうしても飲みたくって。
赤には肉なわけ?じゃぁ肉食べればイイヨ!そうすればイイヨ!と。
お肉は近所のスーパーでちょっといいやつ。私的にはいいやつ。
だって小さいのに一枚1500円したもん。いつもは豚か鳥だもんね。あるいは牛スジ。

牛フィレのトマトクリームソース・クレソンと牡蠣のパスタ・フォカッチャ・チーズ
d0041225_23472728.jpg

重い・・・重いけど旨いメニューです


牛くんにかけたソースはスペインで食べたグリーンペッパーソースの真似。
でもグリーンペッパーがないんでケイパー(笑
向こうのは多分ブランデーでフランベしたりバターで何かしたり生クリームでどうにかしたりしたっぽいんだけど、面倒だったのと、ワタシも乙女も「トマトとクリームの相性がタマランっ!」派だったので、適当に家にストックしてあるトマトソース(味付け済で良く売ってるやつ)と、ベルトリーのクリーミーガーリックソースを混ぜただけ。
仕上げにケイパー(酢漬けタイプの)をチラチラと入れました。
d0041225_23482025.jpg

このクリーミーガーリックソースってのがウマウマ。
d0041225_23555581.jpg

だけど本当はパスタとかチキンにどうぞタイプなのよ。要はコッテリーナってわけ。
淡白なお味の食材にドウゾってなワケ。での牛くんに使うのが旨いのよ。
そのまんまじゃなくって、トマトの酸味をプラスすると牛くんでもバッチリ旨いんですな。
これまた。あ、違う?まだコッテリーナ?(笑
ままま、試すのが怖いそこのユー。
食べに来なさい。ウチに来なさい。ウメーからおいでませ(笑

パスタはねえ、
①牡蠣(2パック使った。加熱用でいいみたい)を綺麗に洗ってー、下味つけてー(もちクレイジーソルト)
②クレソン(一束10本以上あればいいみたい)は大体の大きさに切ってー、茎んとこは縦半分に切ってー
③フライパンにオリーブオイル大目・潰しニンニク3個・赤唐辛子2本(種取る)入れて弱火で香りを出してー
④牡蠣(本には無かったけど少しお粉ふった)を入れて、フライパンを揺すりながら(ここ重要っぽい)火を通すの。
⑤牡蠣がプクっとしたら白ワイン(60ccだったと思う)入れて余分な水分は飛ばして牡蠣と白ワインの甘みを凝縮。
⑥水を大匙②加えて、ソースを伸ばして、茹で上がったパスタ入れて、パルミジャーノ(粉チーズ入れた)大匙②、オリーブオイル大匙②を加えて混ぜ混ぜ。
⑦全体が馴染んだら火を止めてクレソン入れて混ぜ合わせて出来上がり。
d0041225_23514520.jpg

これねー凄い旨いかも。パルミジャーノがいい仕事してるね。マジで。

ゴクゴク飲んだ。噛まずに飲んだ(笑。
簡単だし、加熱用の牡蠣ならこれから安くなるし、オススメです。
やっぱりワタシは余計な事するらしく、唐辛子多目に入れたら辛くて(当たり前)、お塩が多かったらしくちょっとショッパクって(最悪)、お湯でソースを伸ばして食べた。それでも美味しいんだから凄いよね!落合さんって凄いよね!

次回はちゃんと適量で作ります。はい。

これこれ、さくちゃんが家に遊びに来たときに教えてくれた赤スパークリングのキアリ。
d0041225_23521418.jpg

ほんのり甘くって、これまたゴクゴク飲める。しかもお安いの(1000円しない!!)で気兼ねなく更にゴクゴク(笑
食前酒とか食後酒?みたいらしいけど、あんまり本格的にいかなくってもいい日はこれぐらいのがワタシはいいなぁ♪好きだなぁ~

ほんと、美味しいの良くしっとります。さくちゃん。
これと一緒に頼んだ赤もまだあるんだー 次は何作ろうかなー
うひひ 楽しみだ♪
[PR]
by puri83 | 2005-11-06 23:52 |


<< 三宅派 ごろごろごろごろ >>