自炊もチョコっと
お外ごはんばっかりで、ゴハン作ってないでしょ。というご意見も。
正直あんま作ってないけど(笑)、東京で買って来た食材を使いたくて作ったりもしました。
要は自分の為。ふふふ。自分愛。ふふふふ。

牛すじと大根のコンソメ煮・切干だいこんの梅マリネ・あさりの白ワイン蒸し・なぜかぬか漬け
d0041225_21433375.jpg

伝言レシピの切干大根は、今回ちょっとアレンジしました。シメジは茹でずに、ちょっっっとだけお酒たらしてラップに包んでレンジ蒸し。カイワレは無しで、大葉。隠し味にお醤油少々。後は本通り。こっちも美味しいな♪
d0041225_21443898.jpgd0041225_21445991.jpg
牛すじ大根にはあのマスタードを使用してみました!
d0041225_21454357.jpgが、ちょっと甘い?マスタード自体に結構味が付いてて甘め。
よく見たら「マスタードソース」。これってマスタードとは似て非なるものなのかしら?
食感がホント、プチ!プチッ!としてて楽しめるわ。「味付けは何だ?」とみたら”だし醤油”やら”りんご酢”やらが入ってた!なるほどねー 甘さの秘密は”ハチミツ”。りんごとハチミツ・・・・ヒデキ?作った人はヒデキ世代??
このマスタードはやっぱりもっと素朴な素材に合わせた方がこの味が引き立つのかもしれない。むぅ~反省。の私でした。
牛すじは相変わらずトロントロンで間違いない!大根が煮崩れしてるのは目の錯覚です。見えない見えない。

d0041225_21461135.jpg
トマトのオリーヴ漬けはそのまま食べてもイケたけど、バクバク食べたら勿体無い!し、とにかく旨味が凝縮されてるので色んな料理に使いたいなーと。
今回はあさりの白ワイン蒸しに「ホレ!」と入れてみました。
にんにく・唐辛子をオリーブオイルでゆっくり温めて、香りが出たら刻んだトマト(オイル漬けの)を加えます。
砂抜きしてよーく洗ったアサリをさらに加え、白ワインを入れて蓋。蒸します。
アサリの口が開いてきたら刻んだパセリを振りかけて完成。
簡単で旨い。いいよねえ、簡単って♪
オイル漬けのトマトの旨味がにんにく・ワイン・あさりと相性バッチリで美味しかった!
これにムニエルした白身魚とかも入れて一緒にサット蒸すのも美味しい気がする。そしてそれはアクア・パッツアの出来損ないのような気もする。でも美味しければなんでもいいのだ。
じゃが芋と鶏肉のローズマリー蒸しかなんかを作った鍋の残り油で、このトマトを使ったピラフが絶品ってあったので、今度はそっちも作って見たいな。

ちなみに今週は
月曜は鶏のにんにく醤油バター焼。あと水菜サラダ。
火曜は乙女飲みの為、ジムで日本代表を応援しながら走りこみ、家でソーメン。
水曜はうなぎと厚揚げ&野菜のオイスターソース炒め 鶏軟骨塩焼き ごはんセット
木曜は近所の居酒屋で飲み
今日は乙女風邪気味のようなのでトマラーで滋養強壮
うーん やっぱりあんま作ってない。ま、こんなもんよきっと。

そうだ!家帰ったら素敵な品が届いてたにょ~~~~
d0041225_21471397.jpg




ふふふ



キュルノンチェエの白カビ乾燥ソーセージ♪ソオスィソン・セック・フルール・ブランシュ♪

d0041225_2148129.jpgd0041225_21483118.jpg


食べたかった!食べてみたかったのよ、これ~ 嬉しいなぁ~~~ たらりら~ん♪
d0041225_2149198.jpg

さっそく包みを開けていくと「うっ!!」
結構カビ臭しますね。こりゃ。
で本体を見ると、一瞬「干しいも?」と思うぐらいの白カビ具合。雑誌とかでみたのは少しカビを落としてたのかしら?
ふーん、ふーん、と感心しながらもちょっとだけ味見。薄く切ってそのまま頂きました。
最初の印象は「あ、やっぱちょっと独特なカビの香り。カマンベールっぽい。」と思ったけど、よーく噛んでみると。
あらあら、美味しいじゃないの!黒コショウも結構効いてるし、旨みの深い赤身とこくのある脂がジュワーと溶けて合わさっていい感じ!!
ソーセージというよりサラミ? でもサラミより食感は固め、味わいも深いし、食べたあとも口の中で余韻が残るっていうかなんというか。
1回食べて見ないと分からないかも。何か上手く言えないなぁ。
きっとこうゆうのって、同じぐらい余韻が残るお酒とか食材と合わせると美味しいんだよね。
同封されてたパンフにも「葡萄酒や香味野菜を挟んだバゲットと一緒に」って書いてあったし!!
夜の晩酌禁止令、解除しなくでは(笑
[PR]
by puri83 | 2006-05-12 21:50 |


<< おフランスから愛‘06 美登利寿司の利って里と間違えない? >>