タグ:京都 ( 2 ) タグの人気記事
何だかんだといつも助けてもらってる「たまゆら」に感謝
京都で紅葉を見た後、食事でもして帰ろうか。となって「たまゆら」へ行って来ました。
ここは美味しい創作和食をお手頃な価格で食べさせてくれるお店で、前にも何度か利用済み。お店に入ってメニューの金額に目玉転げ落ちる心配無用なのが嬉しい☆
お店の雰囲気も京都の風情を漂わせつつも、ほんわかして居心地がいいのです。
d0041225_0334626.jpg

今回はゆったーりくつろげる奥の個室へ案内して頂きました。堀こたつ式で、床暖もばっつし。寒い京都の冬も足元からヌクヌクどすえ。これって女性には嬉しい気配りよね。
私より乙女のが「暖かいね!これ嬉しいね!」と喜んでいました。さすが乙女。女子並に足元が冷えるのですな。

とりあえずでほうれん草とお豆腐のサラダ。ドレッシングが玉葱たっぷり&醤油ベースで大好きな味。
d0041225_0335815.jpg
平皿に見えるかもしれませんが、実はサラダボウル。ボウル?いや、ボウルではないなぁ。 
えーと。アイスカップみたいなお皿だったの。だから下にもサラダが詰まってます。ボリューム満点。
※シーザーボールというらしい。

メニューにやけに多かった太刀魚。オススメなの私たちは霜炙り刺しで頂きました。
d0041225_0341131.jpg

太刀魚って淡白でつまんない・・・って印象だったけど、炙ると脂がググっと出てくるよね。私の中では普通の太刀魚より炙った方が断然勝ち!圧勝!身も締まってておいしかったぁ。

出ました。「めひかり」。以前ここであしもちゃんにお昼をご馳走になった時に食べた味が忘れられなくて夏2005
d0041225_0343381.jpg

今年なんか送ってもらっちゃったりもして。そんな大好き「めひかり」の唐揚げ☆ めひかりは身が柔らかくて水分が多いから、揚げるの難しかったんだよなぁ~ でもこれは上手にカラっと揚がってた。 やっぱプロだねぇ。と1人でブツブツ言いながら堪能しました。

で、焼酎も程々にして。THE SAKE。 こんだけのアテが揃ったら日本酒行くでしょう。それしかないでしょう。
お店のオリジナルの日本酒。スッキリ辛口で溺愛めひかりの唐揚げにもばっつしでした。
d0041225_0344547.jpg


で。これが最強に旨かった「するめいかのワタ入り干物」
ワタ ワタ うるさい。デブ。と言われそうですが、そうです。私はイカ&ワタ信者。これがなっくっちゃイカ食べる意味ないない。
d0041225_0345864.jpg

まだ完全に干しきってない身の具合といい、ワタの塩加減&量といい最強ですがな!!
実はこれ2皿目なの。余りにも旨くて「日本酒来るまでとっておきましょう」と2人で誓ったのに1分後ぐらいには完食してて(笑
店員のお姉さんに再びオーダー。「え!まだ注文した品来てないんですか?」ってお姉さん。違うの、そんな大きい声で言わないで欲しいの。隣の人がクスクス笑っているのが少し恥ずかしいの。おかわりなの。さっき来たのはもう食べちゃったの。とちょっと頬を赤らめて「美味しかったので・・・おかわりを・・・」
「日本酒に合いますもんね!」とニコニコと応えてくれたお姉さんが持って来てくれた2皿目は1皿目よりワタが多めで嬉しかった♪お姉さんナイスです。それから イエイ イエイ と日本酒を熱燗に切り替えてイカフェア開催。

イカ談議に花を咲かせながら「やっぱ冬は肉とり魚介系だよねー」といいつつも
「・・・肉、食べたくなってきちゃった。アハハ~」の駄目夫婦
お腹はソコソコたまってきてたのでステーキ!はやめておいて、「白金豚の自家製ソーセージ」
d0041225_0351254.jpg

手作りならではのプチプチ感が良かったです☆ ケチャップも自家製なのかな?ピリっとしたお味のケチャップに粒マスタードでモリモリ完食。 これで2人で1万円行きませんでした。 おーてーごーろーじゃーん

隣の席の女性グループは3990円の冬の味覚コースを堪能していたのですが(超見てた)、これまた1品1品が結構なボリュームで美味しそうだった!!
私もコースにすれば良かったーって3回ぐらいいったら「しつこい。うるさい。」と怒られたけど(笑)、次回はコースにしてイカは別注文したろ!と心に固く誓いました。(大袈裟
ちなみにこのイカの干物はお持ち帰りもOKとの事。
こんだけ旨いって言ってるんだから持ち帰るべきんなんだろうけど、「それはいいや」だったよ。今思えば買えばよかったかなぁ~と思ったりもして。

今回ナニゲに食べて無いよね。とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが。

実はね、16時ぐらいにもうやること無くって。(寒くてねぇ。紅葉なんかちょっと見たら終了。あとは竜馬の墓めぐりで余計に寒気UP)。
乙女も「歩く気力も体力もない」オーラをムンムンに出していたので食事前にちょっとお茶しようかーと錦市場近くのカフェへ。
さてさて。何しようかなーとメニュー見てたら「ビール。コロナとハイネケン1つずつ」と乙女の速攻攻撃。
「ええぇぇ!飲むの?」だったけど、お前がその気ならば私だって!と、負けずに「シーザーサラダとポテト!(両方大盛り)」と重ねてオーダーで、1時間半ほどオシャレなカフェを居酒屋扱いです。結局ビール二杯とカクテル飲んでいい気分♪
んで、もうそろそろ店も開いたかな。と先斗町の「寅屋」へウキウキして行くと・・・・「満席なんです」
ほ、本当ですか?まだ開店して10分もたってなくないっすか?と微妙に涙目になりそうだったけど、「いや!負けない!さっき柚子元がまだ空席あったじゃん!」と気を取り直してイソイソUターン。で、やっぱりここでも 「満席です」(しかもちょっと素っ気無い)。
うそぉん、さっきまで空いてたのにー キイィーー!とハンカチ噛み噛みな私。
舐めてました。観光シーズンの京都を舐めてました。完璧ワタクシの計画ミス。ビールとポテトで喜んでる場合じゃなかったのだよね・・・ガックシ。
「もういいよ。帰ろう。」となぜかキレ気味の乙女を無視して入ったのが「たまゆら」。最初「満席です。」って言われて魂抜けそうでしたが、1組キャンセルがあって無事食事にありつけたと言うわけです。良かったわぁ。これも私の日頃の行いがいいからに決まってます。
[PR]
by puri83 | 2006-12-06 00:35 | 飲み
おばんどす
久々の美術館帰りは京都で夕飯でも食べて帰ろうかってなりました。
実のトコロ、こんなオトナーズのお店じゃなくて、手軽にタパスがツマめるお店に行きたかったんだけども。と、早速文句(笑
誰かさんが「会社の奴がさー 安いくて量が多くて旨いっていうから行ってみようぜ!」とノリノリ中のノリノリで誘ってきたので行ってきました。
d0041225_2246937.jpg


四季料理 「かわむら」 
烏丸の駅から程近い路地をちょっと入ってった所にあるお店です。
小さいお店ながらにナカナカの人気のようで、OPENしてすぐに入ったのですが既に二組のお客さんがお食事中。
古いながらも雰囲気のある店内です。カウンターも歴史があっていい感じ。風格が漂いまくりです。
d0041225_22471950.jpg


単品でも色々と頼む事が出来るようなのですが、とりあえず初心者はコースです。
くみあげ湯葉やお刺身、にしんと季節の野菜の炊き合わせ等が出てきてパクパクと。

写真、最初はお店の雰囲気的に撮りにく・・・って思ってたんだけども。やっぱり・・やっぱり少し撮っておきたいなーと、カメラを膝に乗せてコッソリ電源ON。(笑) 料理が来るとササッと撮ってはササッと膝の上へ戻し画像チェックして電源OFF。ササッ。サササッ。ササッ。の繰り返しで数枚はゲット。もう普通に盗撮でしょ(笑

久々に美味しいお刺身食べたよ!高級品(サシたっぷりの牛肉とか、大トロとか)は苦手な私の好きなのは、言うまでも無くヒカリモノと、ネットリとした美味しい赤身ラヴ!!
今回はその赤身が異様に美味しくて美味しくて、カウンターの下でこっそりガッツポーズ&小躍りしちゃった。甘海老も異様に美味しかった。あまーーーい♪
d0041225_2247353.jpg


炊き合わせの後に、季節の海鮮とお野菜のかき揚天婦羅。お上品に少しづつ食べるのに慣れていないわたくす、珍しくココで一回ギブしてしまいました。ぐやじいい~~
乙女にかき揚を「お誕生プレゼントね」と言ってパス。

そうそう。乙女さ~、自分の分は付いてきた塩で食べてたんだけど、私の分は「味を変える!是非醤油で食べたい!」(庶民の味)って言い出して。
手プルップルッ震わしながら、慎重~にかき揚に醤油をたらそうとしてたんだけど何故か予想に反して勢い良く「ドボボボー」って醤油がかかってて。・・・・・天ぷら真っ黒。クックックックック・・・
しかも、かき揚乗ってた籠が、紙通り越して醤油まみれで・・何か凄いウケちゃった。グッフッフッフッフッ・・・・
笑った仕返しか、食べ終わると、その醤油まみれの籠を「はい、ご馳走様」って私に返そうとする乙女。
「え、舐めてんの?殴るよ。そんな汚いのこっちよこすのやめて。私がしたと思われたくないし」と小声で冷静にキレといた。お互い、かばい合いを忘れた夫婦です。

そうこうしてる間に期待してた松茸の土瓶蒸し登場。
わーい 今シーズン初松茸だーー
d0041225_22474971.jpg


コースに入ってなかったら別注文していい?いいかな?いいよね?って何度も聞いてくるぐらい土瓶蒸しラヴな乙女は嬉し過ぎて無言。(笑
「美味しいね」って話しかけてもほぼ完全無視で、松茸に集中。秋のお味を堪能していました。
私、土瓶蒸し飲むと、いつも思うんだけど。永○園のお吸い物の素ってさぁ、上手に出来てるよねえ。多少は違うけど、大体は同じ味じゃない?凄いよな。永谷○。
あ、もちろん本物は美味しゅうございました。中には鱧が。鶏とか一切入って無いのにコクがしっかりあったの。感激。
d0041225_224869.jpg


何かツマむのが欲しいねーと「自家製からすみ」
これまたうまーーーーー!この体に悪そうな塩分が堪らん!
薄く切った大根でサンドイッチしてパク。お酒が進むじゃないのっ このっ
なので、これで熱燗追加の刑
d0041225_22484610.jpg


コースのお料理は続き 鰆の西京焼き&とり貝酢味噌和え もういらないかもと思い始めた所で、とりあえず終了。あとはお食事だけです。あーー満腹ーーー

で・も

まだちょっと呑みたいね。何か頼む?頼んじゃう??いっちゃう???
と調子に乗って馬刺し注文。赤身とサシのバランスの良い事と言ったら。もう。
大変な騒ぎですよ。
これで熱燗&焼酎ギューギューと。
d0041225_2249455.jpg


さすがに目の焦点が曖昧で、いい感じになってきたのでお食事に。
サバ寿司もあったんだけども、無性にお茶漬けの気分だったので「お茶漬けで!梅で!」とお願いしました。乙女は鮭茶漬けにしてたよ。味が薄かったらしく私の梅を泥棒しにきたので返り討ちにしてやりました。大切な梅、絶対にあげません。ケチで結構。
d0041225_22491810.jpg


お茶漬けにはこれこれ。とお漬け物も付いてて嬉し☆
あやうく焼酎また追加しそうになったけど、帰りが大変なので自粛しておきました。
d0041225_22493548.jpg

最後に梨(これはちょっとアレだったけど)を頂いてご馳走様でした。
お会計は・・・安くはないけども、たまにはこんなのもいいかな?といった感じ(笑) 呑む量を減らせばもっとお手頃価格だったのかもだけどね。
ご馳走してもらえるならは、またすぐにでも行きたいですっ 是非っ

「次回自腹で来るなら、途中にあった「まんざら亭」だね。」「アナタの会社の人に、『量は多くて美味しいけど、安くはない。嘘つき。』と伝えておいて。」とスタバでコーヒー買って反省会しながら帰宅したのでありました。
河原町で財布の中身ぶちまけて、1人で必死に拾ったってのは内緒の話。恥ずかしかった・・・

めでたし めでたし

アンコールにお答えして
[PR]
by puri83 | 2006-10-01 22:40 | 飲み